漢方茶会のお誘い【終了】

漢方茶会のお誘い

今年もあと2か月と少し。
年の瀬を迎える前に、ご自身の身体の声を聞きながら、身体が求めるお茶を調合して飲んでみませんか?

私が信頼し、身体のメンテナンスをお願いしています、北鎌倉のエステRune Runeのオーナー、石田江理先生( @runerunesalon)をお迎えし、漢方茶の会を開催いたします。

漢方茶とは、体質に合わせて数種類の和漢薬草をブレンドしたお茶のこと。
医薬品では無いので即効性はありませんが、毎日飲用する事で、少しづつ体質の変化を実感できるのが漢方茶です。

扱う生薬の例
まいかい花
雪の下
あまちゃづる
よもぎ
なつめ
枸杞・・・
当日は、ご自身のお身体の状態をチェックシートにご記入いただき、それを元に石田先生がお一人ずつ漢方のブレンドの要領をお伝えしますので、アドバイスを元にご自身でブレンドしていただきます。

漢方茶会ももちろん蓮依らしく、韓国の古道具を使ったしつらい、そしていつものお楽しみのお菓子も、トラジのジャムなど、珍しい韓国菓子をご用意します。

皆様のご参加を、お待ちしております。
石田江理先生プロフィール

北鎌倉にて、トータルセラピーサロン
Rune Rune 主宰。
https://www.runerunesalon.com/

・Kaon漢方アカデミー認定 漢方アドバイザー&カウンセラー
・東京薬膳学院認定 薬膳調理指導員
・NPO法人日本ハーブ振興協会認定 ハーバルフードオーガナイザー
・和ハーブ協会認定 和ハーブインストラクター
・中国茶アドバイザー
・漢方茶ブレンダー(取得中)

2017年11月18日(土)
11時〜 満席(キャンセル待ちお承りいたします)
14時〜満席(キャンセル待ちお承りいたします)
各回4名様
会費 3500円
(漢方茶、お菓子、お持ち帰り用の漢方茶含む)

メール、またはお電話にてご予約をお承りいたします。
メールタイトル
「漢方茶会参加希望」
①お名前
②メールアドレス
③お電話番号
④ご参加希望のお時間(どちらの会もご参加可能な場合、第一希望、第二希望とご記入いただけたら幸いです)
⑤アレルギーの有無
※妊娠されている方は、お申し出くださいませ。
reni.kitakama@gmail.com
0467-38-8805

梁炳龍(ヤンビョンヨン)小盤展 日本での初めての個展を前に「跡〜자취」【終了】

梁炳龍(ヤンビョンヨン)小盤展       日本での初めての個展を前に「跡〜자취」

木工を始めて、20年が過ぎました。

幼い頃に見た木工職人達の轆轤作業。
その記憶が、私をこの道に進ませたように感じます。

小盤製作の中でも特に轆轤の作業は、木が辿ってきた歴史の跡を小盤に表現することと感じています。
この作業は私にとって、特に魅力的で製作意欲を掻き立てます。

私はまた、先人達の高い技術とたゆまぬ努力に感謝し、我が国が育んできた、小盤という美しい工芸品を引き継ぐ職人として、誇れる仕事を心がけています。

技術よりも心。

それはまるで、愛する我が子に接するように、一つ一つの小盤を大切に製作しています。

私の小盤から感じる懐かしさと新しさは、古の朝鮮の工芸の軌跡と、現代の工芸とを繋いでいこうとする努力の表れであり、その努力は現代のよき文化として息づいていくと信じています。

韓国の伝統工芸品の小盤が、日本の皆様とともによき跡を築いてくれることを願っています。

日本での初めての個展を前に
梁炳龍

梁炳龍(ヤンビョンヨン)小盤展 「跡〜자취」【終了】

梁炳龍(ヤンビョンヨン)小盤展
「跡〜자취」

2017年 10月28日(土)〜11月11日(土)
12時〜18時
会期中 11月2日(木)、3日(金・祝)、8日(水)お休み
作家在廊日 10月28日(土)

韓国の伝統工芸品である小盤作家、梁炳龍さん(ヤンビョンヨン)の日本初個展を開催いたします。

小盤(ソバン)は朝鮮の時代において、お膳やお盆の用途で用いられました。
一人一つずつ小盤を持ち、主には食事の用途で使いましたが、大切な方に物を献上する際などにも使われました。
地域ごとに異なる脚や天板は美しく、それぞれの良さを感じられます。

今回の展示会では、虎足盤、狛足盤、羅州盤、江原盤などの伝統のデザインの小盤をはじめ、ヤンビョンヨンさんが現代の生活スタイルに合わせて制作した白漆の小盤や、小盤の天板のデザインのトレイなど、多数の作品をご覧いただけます。

皆様の元で韓国の作家の小盤が愛され、味わい深い跡を築きながら、末長く受け継がれていくことを願っております。

深まる秋の北鎌倉にて、韓国の匠の作品をどうぞご高覧くださいませ

梁炳龍(ヤンビョンヨン)小盤展に寄せて 「小盤がある愉しみ」【終了】

梁炳龍(ヤンビョンヨン)小盤展に寄せて
「小盤がある愉しみ」

ヤンビョンヨンさんの小盤展前日、ご参加のお客様に展示会出品作品の先行販売をいたします。
また、ヤンさんの小盤を囲みながら、韓国料理家 結城奈佳先生の韓国おつまみとマッコリをお召し上がりいただき、韓国民族楽器演奏家 金オルさん、李在洙さんのカヤグムとチョッテ(韓国の琴と横笛)の演奏をお聴きいただく会を開催いたします。


2017年10月27日(金)
①12時半〜14時
②15時半〜17時

会費 6,500円
各回 8名様

立食スタイルの、お食事会になります。
(ご参加人数様分の、椅子のご用意ございます)

募集開始日時
2017年9月26日(火)21時

メールタイトル
「小盤がある愉しみ」参加希望

①お名前(ご参加全ての方のお名前※一件の応募に2名様まで)
②メールアドレス(代表者の方のみ)
③お電話番号(ご参加全ての方の番号)
④ご参加希望お時間(どちらの回もご参加可能な場合は、第一希望、第二希望とお書きいただけたら幸いです)
⑤Instagramアカウント(必須ではありませんが、お書きいただけたら幸いです)

reni.kitakama@gmail.com
今回多数のお申し込みが予想されます。
ご参加の可否は、9月29日までにメールまたはお電話にて、ご連絡いたします。

○ご参加の方々に、ご協力をお願いいたします。
この度、ヤンビョンヨンさんの日本初個展を迎えるにあたり、多くの方々に小盤の美しさや素晴らしさを知っていただきたいと願っております。
ご参加にあたり写されたお写真を、ご自身のInstagramにて投稿し、広くご紹介いただけたら幸いです。

○応募に関するご注意
・お申し込みは、上記メールにてお承りいたします。
お電話、ダイレクトメッセージなどではお受けできません。
・一件のお申し込みにつき、2名様までとさせていただきます。
・応募要項に記入漏れがあった場合、また応募期日前のお申し込みは受け付けられませんのでご注意ください。

皆様のお申し込みを、お待ちしております。

蓮依 一周年記念【終了】

蓮依 一周年記念

9月16日で蓮依は1周年を迎えます。
たくさんの素晴らしいお客様に恵まれた一年でした。

9月16日(土)、17日(日)の2日間、ご来店いただきましたお客様に、韓国料理家 北坂伸子先生お手製の韓国の梨のお飲物をお出しして、おもてなしいたします。
また、10,800円(税込)以上お買い上げのお客様には、韓国の古いスッカラ(スプーン)をプレゼントいたします。
(スッカラの数に限りがございます。品切れの際はご容赦くださいませ)

普段の暮らしの中にお気に入りの器や古い道具を添え、心が豊かになるお手伝いを蓮依がさせていただけましたら幸いです。
皆様のお越しを、お待ちしております。

花月窯 志村睦彦 宮岡麻衣子展【終了】

花月窯 志村睦彦 宮岡麻衣子展

2017年9月30日(土)〜10月8日(日)
10月4日(水)のみお休み
作家在廊日 9月30日

日本と韓国の古い焼き物に魅せられ、作陶されているお二人。
秋立つ北鎌倉にて、懐かしくも新しい器と共に、皆様をお迎えいたします。
ぜひ、ご高覧くださいませ。

夏の中国茶会のお知らせ【終了】

夏の中国茶会のお知らせ【終了】

蓮依、夏の中国茶会のお知らせです。
3月に蓮依で心に染み入るお茶会を開いてくださった @fujibana_ola さんが、また蓮依でお茶会を開いてくださることになりました。
晩夏の北鎌倉。
お茶の女神のような、fujibanaさんが淹れるお茶で、涼味を感じていただけたら幸いです。

今回のお茶会で使う茶器は、蓮依の白磁の作家キムドンジュンさん(@nadajuni)に、今回の中国茶会のために特別に作っていただいた、小さな両耳杯や茶壺です。
fujibanaさんが、どんなしつらいでお茶会をしてくださるのか、とても楽しみです。
皆様のご参加を、お待ちしております。

2017年8月26日(土)、27日(日)
両日ともに13時から(2時間程度を予定しております。)
参加費 2500円
満席になりました。
キャンセル待ちをお承りいたします。

お申し込みは、メールまたはお電話にて、お承りいたします。
①お名前
②お電話番号
③メールアドレス
④ご希望日(両日とも参加可能な場合は、第一希望、第二希望と記載してください)

reni.kitakama@gmail.com
0467-38-8805

浜野まゆみ陶展 ー繍毬の季節に、李朝とー【終了】

浜野まゆみ陶展 -繍毬の季節に、李朝と-【終了】

ある時、浜野まゆみさんの作品に感じる気持ちが、
李朝に触れた時の感覚によく似ていることに気づきました。
気品がありながら、大らかさを持ち合わせ、ずっと抱いていたくなるほど愛おしい。

この度、有田で作陶されている浜野まゆみさんの作品と、李朝の小品を合わせてご紹介いたします。
韓国では昔、紫陽花を繍毬と記しました。
刺繡を施したように美しい、丸く可愛らしい花。
繍毬の咲く六月の北鎌倉で、時を越え出逢った物たちの姿を、ぜひご高覧くださいませ。

開催期間:2017年6月24日(土) ~ 7月2日(日)
※展示会中6月28日(水)のみお休みとなります。
作家在廊日 6月24日(土)

リース作りワークショップのご案内【終了】

リース作りワークショップのご案内【終了】

@hanautadiary 花雑家 水野久美さんによる、リース作りワークショップのお知らせです。


リースは終わりのない円であることから「永遠」「平和」という意味があります。

hanauta# のリース教室では土台の蔓を丸めるところから
自然に還る素材だけでリースを仕立てていただきます。

6月のリース教室は初夏の枝、
スモークツリーを使ったリースを作ります。
ちいさな花が咲いたあとは
霞のような幻想的な穂があらわれる
別名霞の木(煙の木)とも呼ばれるスモークツリー。

スモークツリーと季節の植物で
ふんわりとした、色も形も幻想的なリースを仕立てていただきます。

リース作りの後は美味しいお菓子とお茶の時間で
ほっとゆるんだひとときをお過ごしください。


【スモークツリーのリース教室】
日時:6/10(土) 11:00〜13:00/ 14:30〜16:30
場所:蓮依
参加費: 6000円(お茶とお菓子付き)
お持ち物: あれば花鋏(貸出あり)、エプロン、筆記用具など


@hanautadiary さんの全ての植物を慈しむお気持ちに感動し、ぜひ蓮依の空間で、植物から受ける癒しや恵みを皆様と楽しめたらと願い、ワークショップをお願いいたしました。
また今回、ギャラリーでのお菓子の販売や雑誌でのお料理製作でご活躍されている安藤知代さんに、リース作りの後にお楽しみいただく、お菓子をお願いいたしました。
素材の持ち味を生かすシンプルなもの、体に負担のない安心して口にできる素材選びを大切にしている、安藤さん。
リース作りとともに、お菓子も楽しみにお越しくださいませ。


お申し込みは、メールまたはお電話にてお承りいたします。
reni.kitakama@gmail.com
0467-38-8805
メールタイトル「スモークツリーのリース教室参加希望」
①お名前
②お電話番号
③メールアドレス
④ご希望のお時間(どちらのお時間でもご参加可能な場合、第一希望、第二希望とご記入いただけましたら幸いです)